和文化の伝承

JUGEMテーマ:学問・学校

【華道『美生流』研究会】 

公郷竹屋家(京都十三名家:子爵:光有・光昭・光富・威光‥)霊元天皇より美生流の号を賜り現代まで華道美生流を守り伝えています。御所に伝わり御所を中心に活動されておりましたが。明治維新、東京遷都後は、学習院の卒業生の間で‥発祥の地京都では、お弟子さん(師範)が、流儀を守り続けられました。のちに十二世家元(竹屋忠光)により再興が図られ、昭和59年「秋美会」を京都で結成され、一般にも広く知れわたる流派となりました。後々も美生流の技と心を知ってもらい、末永く伝えていきたく、美生家元十四世誕生(襲名)にと、流派継承で志の高い時代にと華道竹屋美生流と花育教室(NPO)のコラボで流派継承と日本伝統和文化の伝承をしてまいります。 

  研究会2代目会長: 小川 雅生  


【和の心】

JUGEMテーマ:日記・一般

**由緒正しき" 華道竹屋美生流十世家元≦竹屋春光(旧姓松平)
竹屋威光の養子明治・大正・昭和期の公家、子爵、貴族院議員(松平茂昭・福井藩第15代最後の藩主、福井藩知事、侯爵の四男春光)は竹屋威光の養子

となる、兄弟に、侯爵を継いだ次男の松平康荘、三男の松平永頼、五男の藤波茂時は宮内顧問官子爵の藤波言忠の養子 
◎竹屋家とは、日野家・広橋支

流・儒道・插花・180
石の公家で。竹屋光昭が子爵に授爵され、以後、光富、威光と継承された。竹屋威光が20
歳の若さで没し、竹屋家が断絶の危機に陥り

そうになった際、親交があった福井松平家より明治天皇の御厚意により春光が竹屋家継承を決意し養子となり家督爵位継承、竹屋家再興、春光は総理大

臣・陸軍元帥の山縣有朋の孫で、逓信大臣・枢密顧問官の山縣伊三郎の三女の寿美子と結婚、春光は30歳、寿美子は19歳*16内閣総理大臣秘書貴族院

議員(研究会に属す)を務め、華道「美生流」の復活を‥美生流二百五十年催華展‥享年56歳・旧公卿 従三位 勲四等。春光歿後、春光の次男の忠光が

十二世家元の継承‥ 華道「美生流」は日本の文化伝統を守り続け、現代にも【技と心を伝えたく】美生研究会を小田原に発足‥その12世家元を偲んで‥思

い出のアルバム・回顧録をブログに掲載させていただいております。 
                                                   


私と華道美生流との出会いに感謝し・先人への尊敬の念も抱き未来にも存在「つながり」未来永劫のためにと【和の心】植物も含め自然との共生で畏敬の念と節度を重んじた日本の文化を大切にと伝承して参ります。 NPO弥生〓 
 

金太郎・足柄・アートプロジェクト

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 “花育アート推進”

日本の誇る花「花や緑」を大切に育み,豊かな心にと「食と花と農
育」を足柄地区から育てる意味合い

も含め今回参加いたしました。市民をはじめに,教育や福祉に携わる多くの皆様とが一体となり、

育アートの推進‥花や緑に関心をお持ちの方を,学校,職場,市民
団体等が行う花育活動の充実化

を図りながら、生活に取り入れる方
法等の情報の提供と,花育の大切さ,楽しさを伝え,花育の普及・

啓発を図ると同時に、市民交流の推進と季節に応じたイベントを開
催することで、足柄地区から都市

交流の機会を提供出来れば‥都市
生活者との相互理解も深め,互いに恵みあう関係を築くととも

に,
地域の魅力を発信しながら、市民の創意工夫とで、進歩発展させ、知識、経験、心境、方法・手

段、等のこれからの在り方などを、プ
ラス・アルファーとしていく準備会議で盛り上がり、有意義でし

た。

【NPO弥生】としては町おこしの、サポーターシステムの協働事業と
考えて参加させて頂きました。
                
                                                  監事: 小川

花育:推進!

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 【花育推進:センター】

日本の誇る花の文化「花や緑」を大切に育み,こころを豊かなに暮
らす…

地域をはじめとし教育や福祉に携わる多くの皆様と一体となり花育
を推進し、花や緑に関心のお持ち

の方々に「花育マスター」として
登録して頂き,学校,職場,市民団体等が行う花育活動の講師,イ

ストラクターとして派遣活動や組織の拡大と活動内容の充実を図
り花育関連情報発信センターとして

花育等の情報の開示で,花の大切
さ,楽しさを伝え,花育の普及・啓発を図り花による交流の推進と  

季節に応じたイベント等で地域から花の魅力で盛り上げませんか・


 お花教室弥生からのご提案です。

流派にこだわらず !!

JUGEMテーマ:趣味JUGEMテーマ:学問・学校JUGEMテーマ:地域/ローカル

 お花の教室から”日本伝統文化の継承と発展を
華道といったら、昔も今も憧れのお稽古ごとです。仏教伝来以来約600年もの長い歴史をもつ日本発祥の芸術です。 そもそも華道は「植物にまつわるあらゆる事象を用いて、生命観に溢れた芸術を生み出してきましたその伝統を踏まえ体験してみませんか。華道生け花という芸術への新たな挑戦ができます。華道というと難しいイメージを抱く方もいらっしゃいますが、お花の可憐さや生物生命の力強さを感じ取り表現出来ます。華道には伝統と現代の感覚で無限の可能性を秘められています。お花教室から自在な芸術とし花を生け自分を表現しませんか。日本の【道】は流行り廃りとは関係なく和の心が継承と発展に繋がります。気になるお免状はを取る取らないは自由です。【美生弥生流】
食と農の活動とで「植物からの芸術を生出し、伝統的な華道の歴史もくみとって」【和の心】で生け花の継承と発展につながります。
 
流派にこだわらず 
お花の教室から”日本伝統文化の継承と発展を
華道といったら、昔も今も憧れのお稽古ごとです。仏教伝来以来約600年もの長い歴史をもつ日本発祥の芸術です。 そもそも華道は「植物にまつわるあらゆる事象を用いて、生命観に溢れた芸術を生み出してきました。伝統を踏まえ体験してみませんか。華道生け花という芸術への新たな挑戦を、
華道というと難しいイメージを抱く方もいらっしゃいますが、お花の可憐さや生物生命の力強さを感じ取り伝統と現代の感覚で無限の可能性を秘められています。お花教室から自在な芸術とし花を生け自分を表現しませんか。日本の(道)は流行り廃りとは関係なく和の心が継承と発展に繋がります。
食と農の活動で「植物からの芸術を生出し、伝統的な華道の歴史もくみとって」和の心で生け花の継承と発展に繋げています。

お花サークル

    JUGEMテーマ:学問・学校JUGEMテーマ:健康
    JUGEMテーマ:地域/ローカルJUGEMテーマ:趣味
 
 【美生流彌生】 お花教室カルチャー弥生

竹屋美生流の起源は公家〜華族にと『生きた心の動き』の伝達で伝
えられ現在に至っております。い

けばなの起源についての説は伝統
的な門松など神の依代(よりしろ)として常緑樹を立てたのが始ま

りという説と、奈良時代に大陸より伝来した仏教でもちいられた供
花(くげ)という説です‥

お花のカルチャー教室では 自由華で
免状制度も取り入れ個人の励みにしていただき、講師とし花

育活動にと自宅活用
の教室開講をお奨めしています。

   写真はお手本の美生流挿花百練鈔5月・6月 【原 微松庵】

【美生流彌生】お花教室カルチャー弥生
竹屋美生流の起源は公家〜華族にと『生きた心の動き』の伝達で伝えられ現在に至っております。いけばなの起源についての説は伝統的な門松など神の依代(よりしろ)として常緑樹を立てたのが始まりという説と、奈良時代に大陸より伝来した仏教でもちいられた供花(くげ)という説です‥
お花のカルチャー教室では 自由華で華名もをおつけいたします。免状制度も取り入れ個人の励みにしていただき、講師とし自宅活用の教室開講をお奨めしていきます。

道徳学習で生きる力を養う

JUGEMテーマ:学問・学校

料理指導(教えることは学ぶことで)華道や(庭園)・茶道・農業・にと挑戦してきました。その行為が料

理のコツやセンス、の発想が広がってきます。判断力、思慮、良識「感覚」「人間の五感の(味覚、聴

覚 、触覚、嗅覚、視覚)」「物事の見方や考え方」「感じ方」「意義」「意見」「意識」など‥食物を飲食し

た際に感じる五感のひとつを、歯や舌を含む口腔内の皮膚感覚で具体的に歯ごたえや舌触り、喉ご

しなどで、 味覚も他の感覚とともに「おいしさ」を構成しています。鍛える事で、誰でも味...覚の「セン

ス」も身につけることができます。「人は環境によって育てられる」と云われていますが・・センスのある

ものに囲まれて、生活する事が「考える」センスを磨くトレーニングにもなります。体験で行う行為のそ

ば手打ちも、センスを磨くトレーニング です。本来の美味しいものをたべたことがなければ美味しいも

のはつくれません。センスを身に付けましょうあじの音痴のままではおいしいものもつくれません。

華道美生流十二世家元 竹屋忠光より分派雅号賜る



 写真: 道徳学習で生きる力
料理指導(教えることは学ぶことで)華道や(庭園)・茶道・農業・にと挑戦してきました。その行為が料理のコツやセンス、の発想が広がってきます。判断力、思慮、良識「感覚」「人間の五感の(味覚、聴覚 、触覚、嗅覚、視覚)」「物事の見方や考え方」「感じ方」「意義」「意見」「意識」など‥食物を飲食した際に感じる五感のひとつを、歯や舌を含む口腔内の皮膚感覚で具体的に歯ごたえや舌触り、喉ごしなどで、 味覚も他の感覚とともに「おいしさ」を構成しています。鍛える事で、誰でも味覚の「センス」も身につけることができます。「人は環境によって育てられる」と云われていますが・・センスのあるものに囲まれて、生活する事が「考える」センスを磨くトレーニングにもなります。体験で行う行為のそば手打ちも、センスを磨くトレーニング です。本来の美味しいものをたべたことがなければ美味しいものはつくれません。センスを身に付けましょうあじの音痴のままではおいしいものもつくれません。【梅林蕎麦 弥生料理教室】

文化遺産

 
由緒正しき竹屋家美生流図式は華道界ならず、日本の文化遺産でも有ります。写真技術の

無き時代は絵に描いて記録とし伝えています。
いけ花を活け御用絵師丸山応挙に季節ごと

に活けた活花を竹屋家で
描いて頂きその記録を図式として巻き絵とし貼り付け華道図式の原

点と
しての絵巻として残されています。華道美生研究会に図式の壱・弐・二巻保存してありま

す。

華道美生流研究会

JUGEMテーマ:日記・一般
 
華道とは、四季折々の樹枝・草花などを切って花器に挿し、その姿の美しさ、いのちの尊さを表現し

観賞する芸術です。古来からの伝統美『いけばな』にふれながら日常生活に花を取り入れる事で生

命の素晴らしさも感じ取れます。古典的な生け花を現代の時代に応じ伝統的な形式にとらわれずと

も、自由な発想で表現し古来からの伝統美『いけばな』にふれる事から豊かな心も磨かれます。『天、

地、人』 心の時代にと‥
 

幻のお宝

JUGEMテーマ:学問・学校
 


鑑賞することは‥五感を刺激しイマジネーションやクリエーションを奮起できます。絵や花の鑑賞か

ら、五感が刺激され想像力が高まりインテリアの飾りを超えた、不思議な癒しに似た作用をもたらして

くれます。生活の中でふと目にとまった一枚の絵や生け花等で、時を忘れることもでき。生活に潤いを

与え、毎日の忙しい生活から憩いをもたらしてくれます。便利な現代と思いきや、便利になった分時間

的余裕が生まれたかといえば反比例的、多くの情報に振り回され、ゆっくり考えたり、感じたりするゆと

りも失いつつありませんか?

一枚の絵には、見る側が心模様や想念に気づき‥不安や苛立ちを鎮める不思議な力もあり、単にイ

ンテリアの飾りを超えた、不思議な癒し作用をもたらしてくれます。慌しく流れの移る現代にこそ、一枚

の絵の贈り物で、あなたの人柄を感じさせる絵を是非ご活用ください。活花と同じ絵もまた見る人の

心を映し出す鏡です。美しい絵を見ることで自分の美しい心を見ることもで来ます、絵に惹かれるとい

うことは、自分でも気づいていない潜在している内面の要素を絵の中に見出しているのです。どことな

く惹かれる絵には、必ず自分自身の内面が潜んでいます。その内面を感じることは、


昔の記憶であったり、愛の思い出であったり、そうした既に忘れ去ってしまった記憶がかすかに蘇える

感覚なのです。それが妙に懐かしく‥惹かれるのです。絵を媒体とし一人の作家の作媒体とその表現

(幻)と語り合うこともできるのでは‥と編集の提案を致しました。

福祉支援活動のため華道研究会の協力を得て幻の水墨の絵の販売に踏み切りましたのでご

利用をお待ちしております。   
研究会代表 小川
 



カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブス

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

サイト内検索

others