【日本の農業に誇りを持って"】

自給自足が当たり前の日本の歴史〜現在は消費者ばかり‥国民の3%に満たない人が日本の食料を支えている現状‥農業政策の失敗なのか?耕作と流通の分断‥行政の取り組み指導?〜衰退‥世界に誇れる食文化が多い日本‥私達も農耕民族の素晴らしい遺伝子を組み込まれ持っている筈です、農業は働き者の日本人に適合した仕事(職業)なのに‥若者の農業離れ‥原因は‥政策や市場環境‥変えていかなければ農業の活性・発展・若返り・も望めません。資本主義(お金)がもたらした飽食の時代〜理性・思いやり・家族の団欒なども衰退し真の豊かさを失い(環境を破壊し、故郷・風土・食料さえも供給出来ない状況)農業問題や雇用問題等を国が真剣に高齢化や人手不足の農業に取り組む事です‥農家以外の出身の人の中から農業に生きがいを感じる人を幅広く発掘する方法等を取り入れ農業衰退の歯止め策を‥現在65歳以上の高齢農業者の比率は1割から6割まで上昇との事‥将来に向け若者が参加しやすくする環境を早く組み立て、高齢者の知識と知恵で、食糧危機も乗りきれる未来を作り若者が安心して参加でき、農業経営も可能な条件確保に向けて‥ 農業体験学習やカルチャー教室の参加者〜優秀な人材育成をと進行させています。                  【NPO弥生‐食と農】

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブス

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

サイト内検索

others