誤った認識が商業主義的葬儀に!!

 

大切なペットを最期の時まで愛し、きちんと供養してあげたいと願う方のために
信頼できるペット僧侶の経験も交えて詳しく解説いたします。
大げさにはせず、ペットとの心残りなくお別れをしていただくお手伝いが少しでもできればと望んでいます。

以前は自宅の庭に土葬するのが一般的でしたが最近では人間と同じように供養をしてあげたいと思う飼い主様が増えてきました。でも実際のところ、飼い主様のお気持ちにきちんと応えてくれる業者ばかりではありません飼い主様にとってはペットは家族、人生の伴侶・・なのです。

その大切なペットをきちんと供養したいと思うのは当然なのです。また、葬儀・供養とは残されたものの悲しみを癒す効果があるのです。

ペットの供養は遺体の火葬・葬儀を行うことができます。遺骨を火葬後、返却してもらうかを決めて頂いたり、飼い主の無駄のない費用でペット葬儀を進めております。
葬儀の依頼 対象や形式・遺体となるペットの種類や大きさによっても異なりますが。
自治体での小動物専門の火葬の場合は、各自治体によっても異なりますが遺体持込で、千円台から一万円弱と、比較的低額におさえられています。儀式である葬儀・供養で心を癒してください。
オプションも取り揃えてありますお気楽にご相談下さい。
 【仏教の神髄】根本仏教は(宗旨/宗派)にはこだわりません。   

‥すべからく「人々の幸の実現」は命のためにあるものです‥

詳細は動物福祉担当 僧侶 小川雅芳


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブス

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

サイト内検索

others