ペット・ロス症候群

ペットが身近な存在となり家族同様のペットが亡くなり深い悲しみから、立ち直れない人が多くなっています。欧米では、死に直面した飼い主へのカンセリングや電話相談などのサポート・システムが充実していますが日本では名称自体にも周りの理解が得られないのが実情です。ショックのあまり、死自体を信じまいとする傾向があり典型的パターンとして泣く、動揺して混乱する症状、抑うつ状態に陥ってしまい、学業や仕事に支障をきたす人もいます。愛するペットを失って悲しむのは正常な心理で、反応であることを、理解し認識する事が大切です。死を厳然たる事実と認めなければいけません。まず悲しみに身をまかせることが肝要です、深い悲しみの中にあることを認め現実を素直に認識することです。心から弔うことも、ペット・ロスの衝撃や悲嘆を和らげる大切な行為です。ペットの幸せは、飼い主によって決まります。 NPO弥生では電話相談も致します。     続く

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブス

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

サイト内検索

others