言葉を話せないペット 動物福祉

人間の勝手な都合で捨ててしまう人もいまだに多く存在します。全国で年間80万頭とも云われ動物管理センターで殺処分されています。犬猫以外の動物もしばしばめだちます。動物を単なる物や商品と考える人々が存在していると言うことです。また飼い主の誤った認識で人間と同じ食べ物を無理強いしたりし最近目立つのは痴呆症や足腰が弱り粗相も目立ちます。人間と同様の症状や疾病です。成人病は深刻で糖尿病、肝臓障害、腎臓障害で苦しむペットの数は増加の一途との事です。他にも環境ホルモンや有害な添加物で危険物質に汚染されたフードが出回っていてもチェックする組織や方法は無いに等しい現状です、環境問題は人の影響ばかりが取り上げられていますが共栄共存を望むなら考慮すべきです。動物は言葉が話せません。痛み・悩み・ストレスも訴える事も出来ません。ひたすら我慢し耐えるしかない動物たちに代わって、私達人間が改善する必要があります。ペットから数多くの恩恵を受けています。健康維持・心を癒やす等の「アニマル・セラピー」で驚異的な療法が注目をあつめています。飼い主のモラルの向上にも繋がるようにと勤めて参ります。  カルチャー弥生  

コメント
ただ好きで飼い始めたのですが、今では我が子よりも大切に育てています。飼い主を裏切らず忠実ですので。主 飼い主として、もつと々ペツトを理解したく思っております。色んな情報を発信してください。此れからコメントさせていただきますので宜しく。
  • 愛犬・愛猫家
  • 2008/01/08 9:41 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

アーカイブス

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

プロフィール

サイト内検索

others